top of page

《製薬業界の闇》ディートリッヒ・クリングハルト博士 ブランディ・ヴォーン氏(メルク製薬の元従業員)が遺体で発見された





概要欄より転載:

《ぽむちゃんねる》さんの動画と以前アップした動画をつなげて編集しました。

《ディートリッヒ・クリングハルト博士》

1950年ベルリン生まれのドイツ人医学者、科学者、教師である。主に米国で開業しているが、ドイツでも定期的にセミナーを行っている。

『ディートリッヒ・クリングハルト博士関連記事(英語)』

【内容】"人類を欺き絶滅に導く方法"ディートリッヒ・クリングハルト博士

ディートリッヒ・クリングハート博士は、1950年ベルリン生まれのドイツ人医学者、科学者、教師である。

主に米国で開業しているが、ドイツでも定期的にセミナーを行っている。

「人々を完全にコントロールし、馬鹿にしたあげく最終的に殺すために何をするか。

グリホサート、アルミニウム、そして電磁波-ディートリッヒ・クリングハルト博士が核心を突く。」

『ディートリッヒ・クリングハルト博士のセミナーから抜粋した映像の記録』(ドイツ語、英語))

【内容】♣ディートリッヒ・クリングハルト博士のセミナーから抜粋した映像の記録♣

「人類を屈服させたいなら、食べ物にグリホサートを散布し、アルミニウムで大気を汚染することだ。

それでも足りない場合は、ワクチンにアルミニウムを追加します。

そうすれば、2~3世代にわたって、あなた方を黙らせ、絶滅させることができるだろう。

さらに必要なのは、解毒酵素を無効にするために必要なある種の電磁波だ。

この周波数は、携帯電話の無線で送られてくる。背後に邪悪な科学者の知的集団と政治家がいるに違いない。

科学的根拠の無い「PCR検査」を受けないようにすることだ。

不必要に鼻の奥からスライムのサンプルを採取し、副鼻腔と脳を隔てる薄い膜に接触させることに基づいているのである。

この検査には別の意図があることは間違いないだろう。

松果体を鈍らせる化学物質を脳に送り込み、感性を鈍らせ、最終的には殺してしまう可能性があるのだ。

ワクチンには、女性に強い不妊効果をもたらし、男性の精子の数を激減させる作用もある。

これらはすべて、大規模な人口減少という優生学者が意図することに合致している。

どうすればいいのか?簡単だ。

断酒し、PCR検査やmRNA型実験的遺伝子治療注射を受けるよう強要されないようにすることだ。

一時的に旅行や公的行事への参加に多くの制限を突きつけられるかもしれない。我慢してください。

この壮大な規模の犯罪は、公開される過程にあるのです。

弁護士のライナー・フュエルミヒ博士と国際・ドイツコロナ調査委員会のチームは、すでにカナダとアメリカで集団訴訟を起こし、ドイツとヨーロッパ全体の機関や個人を訴えているのである。」

Comments


bottom of page