top of page

人身売買と児童虐待のための自然正義国際法廷主席評議員 ロバート・デイヴィッド・スティールの陳述





概要欄より転載:

2015年6月15日、ウェストミンスターホールに欧州各地の政治家や政府高官が集まり、真実と理性の回復し、世界に自然正義をもたらすための世界初の自然正義法廷を設立しました。2018年、その法廷における主席評議員ロバート・デヴィッド・スティール氏の陳述の映像です。 2016年、アメリカでトランプ政権が誕生し、 Deep State(闇の政府)という言葉がようやく日の目を見るようになり、様々な秘密結社、組織の闇が暴かれるようになりました。スティール氏の陳述でその闇の政府がどのように広がっているか手掛かりになると思います。昨年7月ジェフリー・アプスタイン氏が逮捕されて獄中で殺害され、今月彼の相棒であったマックスウェル女史が逮捕され、人身売買、児童虐待の真実が明るみに出る機会が出てきているます。その背景を知るためにも視聴してください。






Comments


bottom of page