top of page

マーヴィン対ウイルス学: ドイツのエンジニアが「ウイルス学は科学的方法に従っていない」という議論で裁判に挑んだ話 - その 1



概要欄より一部転載:

ドイツのエンジニアのマーヴィン・ハーバーランドは、マスク義務化に従わずに罰金を受け、その罰金に異議を唱えることで裁判に臨むこととなりました。彼は、ウイルス学はドイツの法律に規定されている科学的方法に従っておらず、マスク義務化が無効であることを指摘したのです。この裁判は半年の延期の後 4 月に行われ、裁判官がこの審理を単に打ち切りにするという形で終わり、マーヴィンに罰金が科されることはありませんでした。これは、当初 2022 年 10 月に行われるはずだった裁判に先駆けて、サム・ベイリー医師がマーヴィンにインタビューした動画です。少し古い話題なのですが、マーヴィンがクリエイティブな方法でウイルス学の問題を法廷に持ち込んだことは注目に値すると思います。そして、ウイルス学では対照実験が行われていないという事実は、もっと取り上げて指摘すべき点だと思います。

内容: 1:41 - マーヴィンがウイルス学の問題を調べ始めたきっかけとその調査について 9:58 - 裁判に至った経緯と裁判について 22:22 - オーストラリアで最初に SARS-CoV-2 を分離したという論文について、マーヴィンの情報公開請求に対する回答について 32:43 - 裁判官はこれを理解するのか 35:16 - 『Settling the Virus Debate Statement』 (ウイルス議論に決着を) に対するマーヴィンの意見 37:28 - 人々は気づき始めている、裁判のタイミングについて 40:12 - ウイルス学ではなぜ対照実験が行われないのか、マーヴィンの見解 47:14 - 視聴者が支援するには? 50:01 - ステファン・ランカのはしかの裁判との違い


Comments


bottom of page