top of page

『ウクライナ・オン・ファイア』 オリバー・ストーン製作総指揮






概要欄より転載:

《katagirifs9》さんの動画を転載させて頂きました。

♣♠ウクライナの歴史と2014年に起きた「マイダンの虐殺」、西側メディアとアメリカの役割について2016年オリバー・ストーン制作のドキュメンタリー【2016年制作】♣♠

【内容】

2014年に起きたウクライナの「マイダン虐殺事件」は、ロシアが加害者として描かれヤヌコビッチ大統領を追放するきっかけとなった。

オリバー・ストーンがロシアのプーチン大統領や前大統領のヴィクトル・ヤヌコヴィッチにインタビューし、米国がこの地域の不安定化に果たした役割を暴露している。

「ウクライナ」その東の国境の向こうにはロシアがあり、西にはヨーロッパがある。

何世紀にもわたって、豊かな国土と黒海へのアクセスを支配しようとする列強の綱引きの中心地であった。

2014年の「マイダンの虐殺」は、ヴィクトル・ヤヌコヴィッチ大統領を追放する流血の蜂起を引き起こし、西側メディアはロシアを加害者として描いているが、そうだったのだろうか?

イーゴリ・ロパトノク著『炎上するウクライナ』は、2004年のオレンジ革命、2014年の反乱、そして民主的に選ばれたヤヌコビッチの暴力的転覆につながったこの地域の深い分裂の歴史的展望を提供するものです。

西側メディアによって人民革命として取り上げられたが、実際は民族主義グループと米国務省によって脚本・演出されたクーデターであった。

調査ジャーナリスト、ロバート・パリーは、80年代以降、アメリカの地政学的アジェンダを海外で推進するCIAに代わって、アメリカが資金提供するNGOやメディア企業がいかに出現してきたかを明らかにする。

製作総指揮のオリバー・ストーンは、前大統領のヴィクトル・ヤヌコヴィッチや内務大臣のヴィタリー・ザハルチェンコへのインタビューを通じて、前例のない内部情報を入手し米国大使やワシントンの派閥がいかに積極的に政権交代を画策していたかを説明する。

また、ロシアのプーチン大統領との初会談では、クリミアの意義、NATO、米国による選挙干渉と政権交代の歴史についてプーチンの見解を求めている。

『元動画』《katagirifs9》さん


Comments


bottom of page